効果

プロテインの役割

プロテインはたんぱく質であり、私たちの体には欠かせないものです。
スポーツをしている人にとっては筋肉を構成するときに使われるたんぱく質が普段の食事だけでは足りないこともあるかもしれません。
そこで不足分を補うのに必要とされるのがプロテインです。

また、筋肉の構成以外にも私たちの体ではたんぱく質が色々な場所で使われています。
たんぱく質はアミノ酸の集合体であり、特に必須アミノ酸と呼ばれる栄養素は自分では作ることができず体外から取り込むしかないので非常に重要です。
これが不足することにより体に異変が生じることになります。

たんぱく質が足りないとどうなるの?

たんぱく質が不足することにより起こる体の異変としては筋肉の構成ができなくなることによる筋力の低下でしょう。
筋力が低下することにより基礎代謝(1日中何もしなくても消費されるカロリー)が悪くなり太りやすい体になってしまいます。

また、体の抵抗力を強くしているのもたんぱく質であり不足することにより抵抗力が弱くなり風邪などの病気を発症しやすくなってしまいます。

ダイエットをしている人は特に食事制限などによりたんぱく質不足が起きやすく代謝の低下から消費カロリーが少なくなりいくら食事制限してもやせないということになるので食事の量を抑えてもたんぱく質が不足しないように注意が必要です。

どのように筋肉が構成されるのか?

たんぱく質の働きの1つである筋肉の構成はどのように行われるのでしょうか。
たんぱく質は体内に入ってすぐに筋肉になるわけではありません。

一度たんぱく質はアミノ酸に分解されてから筋肉を構成しているところまで血液によって運ばれて使われることになります。
ただし、普通の食べ物から摂るたんぱく質は分解するのに時間がかかってしまいます。
これを分解しやすいようにしてあるのがプロテインです。

分解にかかる時間を短縮することにより体の必要な部分へ摂取してから短時間で届けることができます。

一緒に摂った方がよい栄養素は?

筋肉をはじめ体の様々な部分の構成に使われているたんぱく質ですがそれ単体で構成できるわけではありません。
一緒に摂ると良いとされているものは以下のようになっています。

糖質 糖質の摂りすぎはよくありませんがエネルギーとなるものであり重要な栄養素です。筋肉を構成するのにも糖質は必要不可欠です。
脂質 脂質も過剰摂取には注意が必要ですがビタミンの吸収を助けるという役割を持っています。
ビタミン・ミネラル これらは筋肉の構成時に使われます。ただし、運動することにより消費されるので不足しないよう注意が必要です。
水分 体の6割が水分と言われており、血液も当然水分です。水分が足りなくなることにより筋肉を構成する栄養が運ばれにくくなってしまいます。

これらの栄養を一緒に摂ることによりたんぱく質がより効果的に使われるようになります。

  • プロテインの選び方 - 比較のポイントは?
  • プロテインはなぜ必要? - 筋肉が成長するしくみ

    投稿がありません。

  • 【プロテインを知ろう!】ダイエットに効く!?効果や種類を徹底検証!
  • 【プロテインに含まれる栄養と効果について】栄養素を知りさらなる効果アップ!
  • 【プロテインの選び方・飲み方】正しい選択方法と最適な飲み方を伝授します!
  • 【筋肉をつけるためのプロテイン基礎知識】必要性や飲むタイミング・筋肉に良い食事をご紹介
  • 【ダイエットのためのプロテイン基礎知識】痩せたい人にもオススメなんです!
  • 【プロテインコラム】代用品は?動物性と植物性って?子供も飲んでOK?