種類

なぜ複数の種類があるの?

最初にも書きましたが原料の違いが一番です。
また同じ原料でも製法が異なることによって効果の現れ方が違ってくることもあります。
効果の現れ方が違うということは飲むタイミングも変わってきます。

他には原料以外でも目的によってたんぱく質以外の栄養の含まれる量が異なっていることも多いです。

それぞれの原料での違いを教えて

詳しい解説は別ページで行いますのでここでは大雑把にだけ解説を行います。

ホエイプロテイン

牛乳を原料に作られており吸収が早いので運動の前後に飲むとよいとされています。

カゼインプロテイン

こちらも牛乳が原料です。
しかしホエイプロテインとは製法が異なっています。
吸収には時間がかかりますが効果が持続するので運動前後に飲むのではなく寝る前や食間(食事と食事の間)がよいとされています。

ソイプロテイン

大豆が原料となって作られたもので効果としてはカゼインプロテインと似ており吸収は遅いが効果は持続性であるという特徴があります。

エッグプロテイン

吸収はそれなりに早いがあまり生産されていないようで値段が高いことがネックとなっています。
ホエイプロテインがダメという人向けかもしれません。このプロテインを扱っているお店は少ないかもしれません。

混合プロテイン

それぞれが混ざっているので特徴としては複数持っており、どれが自分に合っているのかわからないという人にはよいでしょう。

目的によって異なるプロテインの種類は?

プロテインはたんぱく質を摂るためのものなので当然たんぱく質を多く含んでいますが、それ以外にも筋力アップやダイエットなど目的によって必要な栄養素が変わってくるのでそれにあわせて作ったものプロテインがあります。

例えば筋力アップが目的のものであればたんぱく質が他のプロテインよりも多く含まれており脂質が抑えてあります。

ダイエット向けのプロテインであればたんぱく質の多さはそのままでダイエット中に不足すると予想される栄養素を多く含みながらもカロリーの抑えたものになっています。
他にも炭水化物が多く含まれているもの、ビタミンやミネラルを多く含んだものも存在しています。

どれが自分に合っているのだろうか

それぞれ特徴があるのでどれが自分に合っているのかは人によって異なります。

筋力トレーニングをしている人にはホエイプロテインが向いているでしょうし、ダイエットをしている人にはソイプロテインがよいでしょう。
どれが良いのか全然わからないという人には混合プロテインが無難です。

即効性や持続性という1つの面だけでみればそれぞれには劣りますがそれぞれの短所を補う形になっていますので無難な選択といえるのではないでしょうか。

  • プロテインの選び方 - 比較のポイントは?
  • プロテインはなぜ必要? - 筋肉が成長するしくみ

    投稿がありません。

  • 【プロテインを知ろう!】ダイエットに効く!?効果や種類を徹底検証!
  • 【プロテインに含まれる栄養と効果について】栄養素を知りさらなる効果アップ!
  • 【プロテインの選び方・飲み方】正しい選択方法と最適な飲み方を伝授します!
  • 【筋肉をつけるためのプロテイン基礎知識】必要性や飲むタイミング・筋肉に良い食事をご紹介
  • 【ダイエットのためのプロテイン基礎知識】痩せたい人にもオススメなんです!
  • 【プロテインコラム】代用品は?動物性と植物性って?子供も飲んでOK?