食事

どんな食事メニューがいいの?

食事メニューは栄養のバランスが取れたものでなければなりません。
例えばカルシウムが不足することによって骨の発育が乱れるといった影響がでることがあります、またビタミンCは筋肉の構成を手伝う作用があり、ビタミンB6はたんぱく質をアミノ酸に分解する作業を手伝ってくれます。

もしビタミンB6が不足してしまうとアミノ酸への分解ができずそのまま体外に排出されてしまうこともあります。
また、脂質・糖質の摂りすぎにも注意をする必要があります。

きちんとした体作りを行うには栄養バランスの取れた食生活がかかせません。
プロテインは栄養バランスのある食事という前提があってこそのものだということを理解してください。

ダイエットをしているから食事は抑えたい

ダイエットをしていてなるべくカロリーを抑えたいという人にはサプリメントを使ってみてはどうでしょうか。
サプリメントもプロテイン同様に手軽に摂取することができます。

サプリメントには1つの栄養に特化したもの、マルチビタミンのような複数のビタミンが含まれているものなどありますが自分の食生活に合わせて選ぶのがよいです。

1日のうちの1食分をプロテイン&サプリメントに切り替えるだけでもかなりカロリー・脂質・糖質を抑えることができると思います。

1食分をかえたけど次の食事まで我慢できない

空腹状態になってしまうと体内では筋肉組織を壊して栄養を取り出そうとします。
それを防ぐためにもなるべく空腹状態にはならないようにしなければなりません。

しかし食事を取らないと空腹は満たされません。そこで間食としてプロテインを飲んでみてください。
プロテインを飲むことにより多少なりとも空腹を満たすことができます。
そしてたんぱく質を補充できるので空腹になったときの筋肉から栄養を取り出そうとする行動を補充したたんぱく質が防止してくれるようになります。

食事に関して注意することってある?

これらの説明をしましたが「じゃあ食事全部プロテインとサプリメントでいいのでは?」という極論が出てしまうかもしれません。

プロテインとサプリメントだけで空腹を満たせるのかという問題は別として、それではたんぱく質の摂りすぎになってしまいます。
たんぱく質を摂りすぎると体外に排出されるにしても脂肪に変えられて体内に残る場合でも、余分に取りすぎたものを脂肪にする作業・体外に排出するための作業を行わなければなりません。

長期的にたんぱく質過剰摂取の状態が続くと機能障害に陥る可能性がありますので摂りすぎには十分注意が必要です。
また、普通の食事をしている人でもたんぱく質の摂り過ぎにならないように注意が必要です。

最初にも言いましたがプロテインは栄養バランスの取れた食事をしているという前提があるからこそのものなのです。

  • プロテインの選び方 - 比較のポイントは?
  • プロテインはなぜ必要? - 筋肉が成長するしくみ

    投稿がありません。

  • 【プロテインを知ろう!】ダイエットに効く!?効果や種類を徹底検証!
  • 【プロテインに含まれる栄養と効果について】栄養素を知りさらなる効果アップ!
  • 【プロテインの選び方・飲み方】正しい選択方法と最適な飲み方を伝授します!
  • 【筋肉をつけるためのプロテイン基礎知識】必要性や飲むタイミング・筋肉に良い食事をご紹介
  • 【ダイエットのためのプロテイン基礎知識】痩せたい人にもオススメなんです!
  • 【プロテインコラム】代用品は?動物性と植物性って?子供も飲んでOK?