プロテインダイエット

なぜプロテインでダイエットができるの?

ダイエットというと体重を落とすこと、痩せることにばかり目が行ってしまいがちですが筋肉を落として痩せたダイエットはその後リバウンドを起こしやすいのです。

その理由は筋肉量が少なくなると基礎代謝と言われる何もしていなくても消費されるカロリーの量が減ってしまい体の中でカロリーが使われにくくなるのです。
筋肉がついていると何もしていなくてもカロリーが消費されるので痩せやすい体質になるのです。

人間は空腹状態になると体の組織を分解して栄養を取り出そうとしますがその際に使われることが多いのが筋肉なのです。
それを利用したものがリバウンドの起こりやすいダイエット方法です。

筋肉は使わなければすぐ落ちますから体重自体は落ちますがその方法でダイエットが成功と思い食事の量を普通に戻すと基礎代謝が落ちてしまっているので体に脂肪がつきやすくなってしまいます。
その結果リバウンドが起きてしまいます。

リバウンドが起こらないようにダイエットをするには筋力を落としてしまってはいけません。
その筋肉を維持するためにはたんぱく質が必要になります。
そしてそのたんぱく質を低カロリーに抑えつつ手軽に飲めるのがプロテインなのです。

筋肉ついちゃったら逆に体重増えるような?

確かに筋肉がつくとその分体重は増えますが、プロテインで筋肉がつくのはちゃんとトレーニングをしているひとが飲むからこそ筋肉がつくのであってトレーニングをしていない人が飲んでも筋肉がすごくつくということはありません。
ですからダイエットの場合すごい量のトレーニングを行うわけではないので筋肉がものすごくつくということはないでしょう。

あくまで筋肉はダイエット前と後で同じ程度になるようにするのが目標です。
筋肉の量を維持したままで余分な脂肪だけを落とすということです。

どのプロテインを飲めばいいの?

ダイエットを目的としてプロテインを飲む場合、筋力トレーニングをしている人のように使われた筋肉を元に戻すために急いでプロテインを吸収させなければならないということはありません。

空腹時に起こる筋肉の分解を防ぐために持続的にたんぱく質を供給し続けることができる吸収の遅いプロテインを選択しましょう。
カゼインプロテインやソイ(大豆)プロテインがよいです。

プロテインを飲むのはいつがいい?

プロテインを使用したダイエットを行う場合は1日3食の食事のうちどれか1食分をプロテインに置き換えるとよいでしょう。

食事分のカロリーを抑えることができ、それでいてたんぱく質不足にはなりません。
朝食を食べている時間がないというひとにすぐ作ってすぐ飲めますのでおすすめです。
空腹を我慢できるというのであれば2食分をプロテインに置き換えてもよいですが、置き換えた結果間食をしてしまうようであれば意味がありませんので自分に合った方法を行うようにしてください。

また、プロテインを飲む際に同時にサプリメントで栄養を補給しておくとプロテインの吸収率が良くなる、プロテインだけでは補いきれない栄養素をカバーすることができるようになります。

  • プロテインの選び方 - 比較のポイントは?
  • プロテインはなぜ必要? - 筋肉が成長するしくみ

    投稿がありません。

  • 【プロテインを知ろう!】ダイエットに効く!?効果や種類を徹底検証!
  • 【プロテインに含まれる栄養と効果について】栄養素を知りさらなる効果アップ!
  • 【プロテインの選び方・飲み方】正しい選択方法と最適な飲み方を伝授します!
  • 【筋肉をつけるためのプロテイン基礎知識】必要性や飲むタイミング・筋肉に良い食事をご紹介
  • 【ダイエットのためのプロテイン基礎知識】痩せたい人にもオススメなんです!
  • 【プロテインコラム】代用品は?動物性と植物性って?子供も飲んでOK?